料理のご紹介
   大連賓館では、料理の技術力が大きいです。その内、国家特級コックは5人で、中国コック大師董長作先生が主にやります。料理の体系では山東料理を主として、中国の各地方料理の精華と合流して、中華料理、西洋料理、日本料理の各特色を応用します。特に海産物の料理に特色があります。料理では高、中、低クラスを揃えて、それぞれに特色を持たせました。その代表的料理としては、砂鍋翅皇魚翅、芥胆百霊焗鲍魚、孔雀珍珠鮮貝、南茸西米百合などの高級料理がありますが、糖醋菊花魚、川広里脊、腰果 丁、金銭豆腐などの中低クラスの料理もあります。それらも技術は高く、材料も特別で色、香の味もうまい。サービス完璧などの名誉をもらいました。元日本の首相中曽根康弘は食事後「本当の中華料理精華だ」と評価されました。  
   大連賓館の美味佳肴は「大連賓館に食事する」という名誉をもらって、「遼寧餐飲名店」と「大連海鮮名店」という評価をもらいました。  
   大連賓館のレストランは、社会と市民に各種類の宴会、ビジネス宴会、カクテルパーティ、結婚披露宴、長寿の祝宴会、友達・親戚の宴会などを接待いたします。そこで食事をすれば、美食の味わいと芸術の鑑賞が出来るだけではなく、あなたの気高い品性と貴いの身分が表されます。